バングラデシュの工場でいろいろ作ってます!フェアトレードを推進するために生産者の顔が見える商品を心がけています。
ホーム Homeシャア日記 Shah's diary
シャア日記 Shah's diary
シャア日記 Shah's diary:61
2015年08月09日
This is my mission and vision at IIMON:
MISSION AND VISION WITH IIMON.

If you let a fisher man to be carpenter and judge his craftsmanship and also Carpenter to catch fish in the Ocean and calculation how many fishes he caught; many cases these will bound to match the result of my country Bangladesh , seeing and knowing these- Shah Jahan can’t live with that.

Like many, I am also in a mission; try to change “one” such Bangladeshi. “A Mother” who was divorced like many- of a village; brilliant stitcher (hand needle), unfortunately to service she left village and came to Dhaka city to work in Garment Factory like “Rana Plaza” 2013.

Each day when I find myself feared of what I am doing with my self Shah jahan in Bangladesh “ A boy who was grown on the east - between Paddington and Bondi Beach in Sydney since” alone with this Village woman in Dhaka now, just keep imagination how high she could reach with her brilliance and I can’t find sanity to sleep until bringing some changes something for better.

“Perhaps there is nothing special in it; because we all know very well- helping others does make us feel good about us and respect ourselves for doing something. It also makes us think how fortunate we are to be able to help!”

Dear my friends, I have a small and perhaps simple strategy to most to share with you; what if give opportunities rather than just money to people who are willing to work and improve their lives. What if we start some system of local entrepreneur creation, use of affordable innovative technology and creative designs, all working together to create world class handmade fashion: a few months ago; 3 am in Shanghai Airport in china, Dr Yunus from Grammen told me; my luggage full of hand stitch Nokshi bound for Japan, can be hand stitched fashion for the world someday. How little he knew that time; that 30 minutes chat on the plane was just the beginning.

A woman with hand stitching needle: I feel a strategy making pain on my gut, a ‘feel good’ brand from Bangladesh; I named it “iimon” a Japanese word means feel good, in the making. Shamelessly inquiring in your busy schedule, buy or promote among others and keep me busy designing more handmade fashion from Bangladesh to stitch.

2015年01月23日
(日本語あり)
We took our staff to Aarong, run by one of THE biggest NGO in Bangladesh. We learned a lot of their quality and the price. It was first time for our staff to visit such a big 6-story shop, because their price are quite expensive compare to local price. However, the price of their Nokshi-katha products are surprisingly cheap... if they are paying same wage as we do, the labour cost (without fabric+machine sawing cost) becomes about 70% of their selling price. I wonder how they manage to sell so cheaply as I know they are even using few layers of middlemen to collect products from Villages...

先日、工房のスタッフを連れてバングラデシュで最大のNGO組織が運営するAarongというデパートへ行き、売られているノクシカタの品質やデザイン、価格を見て回りました。工房から一番ちかいUttra Aarongは6階建てのビルすべてが売り場という大きなショップでどの商品もローカル市場よりも高価なこともあり、スタッフ達は初めての体験。高い、とは言ってもノクシカタ製品に関しては逆にとても安く感じました。iimonでは縫子さんにかなり良いお給料を払っている自信はありましたが、もしうちと同様の給料でやってもらったとすると縫子さんの給料だけで(材料費やミシン縫う作業代抜きで)売価の7割くらいになってしまいます。ノクシカタは手作業なので大量に作ったからといって縫子さんの工賃はほとんど減らせません。さらにAarongを運営しているNGOは縫子さんとの間に何階層も仲介人がいることを考えると、一体いくらの工賃を払っているのだろう…と不思議に思うとともに、私達のノクシカタの品質が十分に高いことも改めて確認できるイベントとなりました。


2015年01月18日
Bangladesh is not a tropical country.... cold in the morning and the evening!!! It goes about 15 degree, and I guess inside the house is colder than outside...Pics are the view from our factory. One of our stitcher, Rehana's house is just a next door.

バングラデシュの冬は結構寒いです。特に朝と夜! といっても15度くらいはあるので日本と比べると暖かいですが、家の中はタイル敷きなので冷え込みますよ・・・ 写真は工房から見える景色です。密かに縫子さんの1人、Rehanaのお家も写っています。

2015年01月07日
(2)Social Business Lab. With Dr. Yunus in Dhaka, web streaming for the world to see; selective small business owners from around the Country get the opportunity to explain their business plan, in the simplest way possible, seeking funds for future development of their business. A panel of six, consisting of scholars in Business development, all looking into the proposals put forward. Yoriko and I decided to be in Nokshi Katha business development panel, very odd ones in the gathering. Reducing the cost of making Nokshi katha was among the preferred advice (among the biggest single handed Bangladesh Handycraft maker and seller). Disappointingly, all were supporting a reduction in the making cost, as if makers in the village are too well paid and are responsible for the high prices. We tow had an unorthodox suggestion for one young woman in the panel; increase pay of making and in return demand better quality, allocate a small cost for marketing, and perhaps a small website to go direct, eliminate the idea of selling it to middleman, or Aarong-like organisations, who wish to buy cheap. We also requested the panel to allocate an extra one lakh taka, or 40% more money, for the project.
Later on in the day, Dr. Yunus appreciated the idea and agreed, to some extent. The business plan for the young woman with a social business plan was approved for an undisclosed amount. Yoriko made a suggestion to the audience to respect women working at home by allowing better pay for social business that practices fair trade.

2015年01月07日
(1)Recently, on a cold winter’s night in China, I happened to meet Dr. Mohammed Yunus (the Nobel peace prize winner, founder of micro credit). We were both promoting social business supporting Bangladesh. He was heading for Shanghai to promote Grameen Bangladesh (micro credit bank) for his Grameen China project; I for Tokyo, with connecting flight in Kunming, and a bag full of dreams – 20 pieces of hand stitched Nokshi scarves- for an exhibition there. Fourteen women had hand stitched those scarves over a period of one month; a social business that provides jobs for women in the village. Of course, Dr. Yunus’ and my credentials could not be further removed. Like comparing the Pacific Ocean to a drop of water glistening on a leaf in winter. I had expected that Dr. Yunus would be much bigger physically. The privacy of a first class seat on China Eastern Airlines and cold night in Kunming Airport; plenty of time to just share many small events of life. I was delighted by an invitation from Dr. Yunus to his social Business Lab., so much so that less than 24 hours in Japan, I returned to Bangladesh to attend the meeting with him.


2014年12月17日
Pannnaに引き続き、本日はMorsheda(モーシェダ)をご紹介します。小柄で控えめなタイプなので目立たないですが、コツコツととってもキレイなノクシカタを作ってくれます。イスラム圏で保守的な印象の強いバングラデシュですが、実は離婚するカップルは意外と多くて(私の感覚では日本と同じかむしろ多いくらい)彼女もその1人。すでに親元を離れていたため、今は工房近くの親戚の家から通っています。

今回はじめてMorshedaの作った「新しいサリーを使ったノクシカタ」シリーズをオンラインショップにアップしました。新しいサリーを使っている、というだけでも贅沢なのに、さらにストールの端一列にノクシカタの伝統的なデザインである山の模様も施し、その上フリンジも手編みで3段に仕上げてあります。新しいサリーは生地代がかなり高価なこともありお値段が張りますが、その分華のある素晴らしい仕上がりです。デザイン部分も含めて手作業たっぷりの出来栄えをお楽しみください。

↓新しいサリー使用(16,000円+税)
http://www.iimon.net/product/285
↓通常タイプ(8,000円+税)
http://www.iimon.net/product/259
http://www.iimon.net/product/260
http://www.iimon.net/product/261
http://www.iimon.net/product/262
http://www.iimon.net/product/263


2014年12月15日
昨日ご紹介したPANNAのノクシカタをオンラインショップにUpしました♪ ご購入いただけると、縫子さんへもお給料にプラスしてボーナスが出ます!!

クリスマスプレゼントに、ボーナス後のご自分へのご褒美に! 
ぜひご検討ください☆

http://www.iimon.net/product/281
http://www.iimon.net/product/282
http://www.iimon.net/product/283
2014年12月14日
今日は、iimonの縫子さんでも最も昔からいる一人、PANNA(パンナ)をご紹介します。恥ずかしがり屋の多いバングラデシュ人女性には珍しく気が強くて、給料や福利厚生について少しでも疑問があればすぐに意見を言ってくれます。普段は元気ですが、時々体調を崩して仕事ができないことがあるため、パートタイムかつ不定休を認める形で働いてもらっています。こうした柔軟な働き方ができる環境はバングラデシュではほとんどありません。iimonでの仕事が彼女の人生に良い影響を与えられればうれしいなと思っています。 近日中に彼女のノクシカタもショップにUpしますのでお楽しみに!

Let me introduce our staff, “Panna.” She joined iimon as we started this Nokshi-katha project as an employee. Unlike other Bangali women, she has strong-minded attitude towards her job. We allow her to work part time basis as well as giving her unscheduled sick leaves because of her health condition. These basic benefits of the employee are not commonly practiced in Bangladesh. We wish she utilizes this job opportunity for her future development.
2014年12月07日
サリーの布を1枚そのままノクシカタにしたらどうなるんだろう??
ということで作ってみました。 …正直、すごいです!圧巻です!
もちろん、そのままサリーとしても使えますが、今までにない何かを生み出せればいいなと思っています。 残業込みでまるまる一ヶ月かかってます。

とりあえず、つい最近iimonに仲間入りしたマネキンさんに着せてみました。この布を使ってみたい!という方がいらっしゃったらご連絡ください。
2014年11月23日
メヘンディパタを買ってみました。メヘンディと聞いてピンと来た方も何人かいらっしゃるでしょうかね。メヘンディというのはヘナのペーストを使った、タトゥのようなボディーアートのことです。主に結婚式に参加する女性が手や足に模様を書いておしゃれします。

パタ、というのはベンガル語で葉っぱという意味なのでメヘンディパタ=メヘンディの葉っぱ、つまりヘナの葉っぱですね。ヘナってどんな葉っぱなんだろうと思っていましたが意外と普通にマーケットに売っていてビックリしました。ヘナと言うと乾燥した粉で売られているイメージだったのでとりあえず屋上で乾燥してみたのですが、どうやって粉にしようか・・?とかんがえる段になって「そういえば、このメヘンディパタ、普通にマーケットに売られてたけどみんなはどうやって使ってるの??」 と聞いてみたら「生のまますりつぶして使うんだよ」ということでした。失敗・・・。

メヘンディ・アートをする気力も技量もないのでどこかで時間を見つけて白髪染めがてら(笑)頭に塗ってみようと思います!
2014年11月04日
(日本語訳あり)One of the common questions I get is: “The living cost in Bangladesh must be very cheap, I suppose?” The answer is “Yes, but No.” Yes- you can buy vegetables for 0.15-0.40 USD/kg (do not surprise, once I bought green chili for $0.07/kg!), you can go around 1-2 km by cycle “Rikishaw” for 0.15-0.40 USD whereas meat and eggs are not very cheap (beef: USD10-12/kg, egg: 0.10/piece). However, whatever the goods imported cost same as Japan or even more. For example, baby’s diaper costs 0.40-0.70 USD/piece (double the price compare to Japan, with low quality), Mars chocolate bar would be 1 USD,and the worst case are cars and electronics; it costs almost double the price because of its very high import tax. In addition, because of the environment and the society needs, you may need to hire housemate and driver which you would have never thought of!
Someone said to me that if I want to have a comfortable life as I have in Japan/Western society, a family needs about USD 100,000/year income. Considering that the average monthly wage of Rikishawarer is USD 150, her calculation is too much but the cost of the living varies so much depends on how you want to live here.
「バングラデシュって物価安いんでしょ?」とよく聞かれます。確かに野菜は15~40円/kg(!)だし、1~2Kmの距離をリキシャで移動するのも15~40円くらいなことを考えると物価は日本の1/10??と言ってもよいかもしれません。一方牛肉は100gあたり100~120円くらいしますし、卵も1個10円くらいだったりしてあまり安くありません。さらに外国製品は総じて日本と同等の値段かそれ以上。例えばオムツは日本だとまとめ買いで1枚20円前後ですがこちらだと40円~70円(しかも品質悪い)。最も酷いのは車と電化製品で、日本の約2倍はします。さらに埃っぽく危ないものだらけな環境と女性や子供が一人で出歩ける場所が限られていることを考えるとお手伝いさんやドライバーを雇うことすら考えなくてはいけません。
以前とある人が「バングラデシュで心地よく過ごしたいなら、年収1000万円くらい必要よ。」と言っていました。リキシャワラの月給がだいたい1.5万円くらいなことを考えると年収1000万は言い過ぎでしょうが、バングラデシュの物価はどんな生活をしたいのかによって大きく違うということが言えるかな、と思います。
2014年10月21日
インドらしい小物の宝庫、ラジェスタンのバッグです。ゴテゴテのビジューがかわいい! 重厚な感じに見えますが意外と軽くて肩が懲りません♪

http://www.iimon.net/product/253
http://www.iimon.net/product/250
2014年10月05日
みなさん、イードって聞いたことありますか? イードというのはイスラム教の大切なお祭りの一つです。イスラム教について少し知っている人ならばラマダン明けのお祭りのことをイードというのはご存知かと思いますが、なんとこのイード、2種類あるんです。

一つが前述の通り、ラマダン明けのイード、そして二つ目が犠牲祭とも呼ばれるもので各家庭が経済状況に応じて牛やヤギを生贄としてささげることになっています。 バングラデシュではまさに今日からこの犠牲祭が行われているので町中に牛がたくさんいます。 店長実家のアパートの駐車場にもこの通り。

生贄にする動物は4つ足のものと決まっていて、牛・ヤギのほかにラクダでもよいそうです。 また、それぞれ「誰のため」とノミネートすることができて、ヤギだと一頭につき一人、牛だと一頭につき5人までOKなのだとか。
牛のお値段は安いもので25,000タカ~100,000タカ(日本円で約3.5万円~15万円弱)で、その値段は自分が払える最大の犠牲(値段)が望ましいとのこと。

というのも、ムハンマドはある日神様から「息子を殺すように」という啓示を受けたのだそうです。神様のことは心から信じている。神様のおっしゃることだから何か自分にはわからない深い意味があるには違いない、でもさすがに自分の子を殺すことはできない…と悩んでいるムハンマドに息子が「お父さんが悩んでいるのはわかります。でも神様のことは自分も信じているからどうか自分のことは気にせず、神様のおっしゃるとおりにしてください」といって自分の首を差し出したそうです。そしてついにひと思いに実施して恐る恐る目を開けるとそこにはラクダが代わりに死んでおり、神様から「お前が神を心から信じていて、とてつもない犠牲を払ってまでそれを実践しようとしたことがこれでよくわかった」と言われたのだとか。

それ以来、神様への忠誠を示すために最大の犠牲を払うことが求められるようになったのだそうです。犠牲となった牛やヤギの肉は大部分を貧しい人に分け与えるためこの時期、お金持ちの家にはたくさんの人が集まって数キロ~数十キロ単位でお肉を持ち帰っていきます。
2014年09月19日
肌寒い日が多くなってきましたね。
毎年人気のジャカード織りウールストールをアップしました!
大きくて暖かいので真冬はもちろん、秋口にコートを着ていくか迷った時にも1枚あると安心です。

http://www.iimon.net/product/206
2014年09月08日
we′ll display our products at Jica Ichigaya as a part of introducing Bangladesh month. It will run until 4th Oct. please come and have a visit!
明日から10月4日まで市ヶ谷のJica でバングラデシュを紹介する展示の一部としてiimon の商品が飾られます! お時間のあるかたは是非♪ Jica の入り口入って左奥のcornerです。


2014年08月21日
履き心地の良いルームシューズをアップしました。色は3色、22.5cm~25cmまであります。小さな鈴もついていて可愛らしいですよ♪

http://www.iimon.net/product/249
2014年08月07日
【御礼】 フジロック2014で販売されたガムサはお陰様で完売したそうです! ご購入くださった皆様有難うございました♪
2014年08月01日
久しぶりにチキンカレーミックスを作りました↓ 本格的なカレーが作れますよ~

http://www.iimon.net/product/226
2014年07月29日
先週末の船橋市民まつりへの出店の様子です。 当日はとてもお天気がよく、すっかり日焼けしてしまいました。
ラマダン中だった店長はあの暑い中、水分も取らずに頑張っていましたが頭に巻いたガムサに水をかけることでなんとかしのいでおりました。 正直、ガムサがなかったら本当に熱中症になっていたと思います(>_<)

去年のひきつづき2年目の出店でしたが、本当にうれしいことに「去年買ってとても良かったから♪」とガムサを買いに来てくださるリピーターの方が何人もいらっしゃって、しみじみとうれしかったです。

暑い中ご来店くださった皆様ありがとうございました!

Uploading photo was our shop in Funabashi festival held in last weekend. The sky was clear and very hot; I got sun-tanned.

Pity Shah could not drink even water in such a hot day because it was during Ramadan. He managed not to suffer heat stroke by pouring water on Gumsa and wrapped it on his head. I wonder what would have happened if we do not have gumsa!

We are very happy to see repeating customers who liked the gumsa they bought last year. Thank you for coming!
2014年07月27日
フジロックの会場に映えるガムサの写真をご提供いただきました! 

暑い時の日除けに、そして突然の雨の時にはタオル代わりに、暑い上にとモンスーン(梅雨)のあるバングラデシュで愛されるガムサは日本の屋外シーンにもぴったりですよ!

ご購入くださったみなさまありがとうございます☆

Thank you for everyone who got our gumsa smile emoticon
I got photo of our gumsa in Fujirock 2014!

Gumsa is the just right thing to make shade in the sunny day, as well as using as a towel when it rains. Considering how it is loved and works in Bangladesh, I believe gumsa suits perfectly for the outdoor ocation in Japan.