バングラデシュの工場でいろいろ作ってます!フェアトレードを推進するために生産者の顔が見える商品を心がけています。
ホーム Homeシャア日記 Shah's diary
シャア日記 Shah's diary
シャア日記 Shah's diary:61
2014年01月23日
今回のIFF はこんな感じで展示してます。当初、PCの画像がうまくモニターに映らなくて焦りました。。 持っていったPC 用HDMI ケーブルがこわれてたらしく、急遽DVD デッキと繋ぐのに使っていたケーブルでしのぎました。ケーブル類に疎いシャア店長がモニターの準備をしてくれてたおかげで助かりました!(私が準備してたら余分なケーブル持って来ないですから( ´,_ゝ`))

2014年01月05日
みなさま明けましておめでとうございます。日本へ帰国する前にスタッフとその家族をお招きしてちょっとしたパーティをしました。ヤギ2頭分のお肉を用意して、隣の空き地でビリヤニを作ってもらいましたよ。 バングラデシュではお祝い事などの時にシェフ?を何人も呼んで大鍋で屋外でお料理してもらうことが結構あるんです。私たちの結婚式(1日目)も外で豪快にお料理してました。
最後の集合写真はすでに10人くらい帰ったあとでしたが縫子さんスタッフのご主人たちに、いかに彼女たちの仕事が意味あるものなのかなどについて店長から説明したところ理解してもらえたようで、帰るころにはみなさん自分の奥様を誇りに感じてくれたようです。 今も1月中旬納品の急ぎの注文をこなすために残業+休日出勤してくれているスタッフに感謝感謝>_<です。



2013年12月21日
ちなみに今、バングラデシュにいます。昨日、↓の投稿の日本語訳を作っていたら停電して全部消えてしまいやる気を失っておりましたが、なんとか気を取り直して作り直しました。 あいかわらず下手な訳ですがよろしければお読みくださいませ・・・

【Speech @UN uni on 20 Dec 2013 Japanese translation ver.】
本日のテーマでもあるグローバル化の影響について語ることは、バングラデシュやネパールをはじめとした世界中からの移民が人権や移住の自由について情報を発信し、経験を共有し、さらには移民たちが受入国や出身国にもたらした経済的な貢献について気がつくチャンスでもあります。 

私個人にとって海外への移住は医療的な必要性からでした。バングラデシュの田舎町、クミラで生まれた私は子供のころ体が弱く、医療施設の整っていなかったバングラデシュから1984年にシドニーへ移住しました。 そのころのオーストラリアは今とはまったく違っていて(もちろんバングラデシュとも大違いでしたが)、まったくの白人社会でした。
実際のところ、私がインド系女性に出会ったのは移住してから3年後、~シドニーとブリスベンを結ぶ道路沿いでバナナを売ってた~のが初めてでした。バングラデシュ人としての常識から、私は彼女はお金に困っているに違いないと思いました。(訳注: バングラデシュでバナナを売っているのは子供か、あまり裕福ではない人々です) 思わず私は今あるバナナを全部買い取りましょう、と提案したわけですが実は彼女は戦後すぐにバナナ栽培のためにインドから移民してきた家族で、なんと後ろに広がるバナナ畑をすべて所有していたのでした。

移民によって、オーストラリアの食卓は間違いなく大きく変わりました。 主にイタリア人、ギリシャ人、中国人、そして最近では韓国人といったさまざまなバックグラウンドを持つ人たちによってオーストラリア料理は花開いています。私が移住したころはオーストラリアの宗主国である英国と同じでBBQやポテト、パンにバターといった素朴な食べ物しかなく、こうした料理に辟易していた私はバングラデシュへ帰国するたびにカレースパイスを買って帰ったものです。 しかしそれも今は昔、移民たちの要望やノウハウを元に彼らの舌とオーストラリアのもつ広大な土地や技術が合わさって、今では各国の”ローカルフード”と思われていたバナナやマンゴー、レンズ豆やスパイスなどのメジャーな輸出国として世界中に売りさばいているのですから。

若い移民だった私にとって苦労したことの一つはバングラデシュ人としての自分を確立し、説明することでした。そのために厳密には正しいとはいえないことでも耳障りがよくてエキゾチックに聞こえることなら何でも言ってしまっていたような気がします。しかし次第に他の外国人たちにとっては私自身がバングラデシュそのものであり、どんな説明よりも私がどんな人間かというのがわかりやすい説明なのだと気がつきました。そのときから自分の一番よいところを出すように気をつける毎日が始まりました。

自分の幸せのためにもいつかはバングラデシュへ戻って仕事につき、何か有益なことをしたいといつも思っていました。しかし神様は別の道を用意していたようです。 シドニーで大学に入りなおして勉強していたときに今の妻に会いました。 彼女は留学生で、たまたま日本人だったのです。我々にとって東京、ダッカ、オーストラリアの距離と文化の違いはあまり大きな問題にはならず、共通していることは感謝し、違うことは一緒に乗り越えています。

私の人生は変わりました。 現在は日本へ移り住んでバングラデシュで自分がやりたかったこと、何か有益なことをするためにiimonプロジェクトをはじめました。このプロジェクトは政府やチャリティーとは一線を画しています。私たちはこのビジネスがバングラデシュにおいて我々の考える社会貢献とともにうまくいくことを願っています。

~大使館発行の雑誌と内容がかぶるため中略~

私はどこへ行っても幸せな移民です。なぜなら以前私の小父さんが教えてくれたように「郷へ行っては郷に従え」を実践しているからです。 日本にいるいま、日本のよいところは学び、逆にバングラデシュ人として共有できるよいところは紹介していきたいと考えています。移民した国にとって私は出生国の大使であり、とてもワクワクする役割を担っている、と思っています。
2013年12月21日
Shah was invited to "international migration day" at UN university on 20th Dec 2013 to make a small speech. Here's the summary. 
店長が12月20日に国連大学@渋谷で催された、国際移民デーに呼ばれてちょっとしたスピーチをしてまいりました。 前半、バナナ売りの女性のくだりで観衆の心をつかんだそうです^^  30年前にシドニーに移住し、3年前には日本に移住した店長のお話、よろしければ読んでみてください!

International Migration:
The human face of globalisation; a rallying point for today, where Bangladeshi and Nepalese and other Migrants from around the world could freely spread information on human rights and fundamental freedoms of migrants, we share experiences, indeed an opportunity to recognize the contributions made by millions of migrants to the economies of their host and home countries.
As for me my moving to overseas started with medical necessity; I was born in a village, name Comilla of Bangladesh. I was very sick when I was child; that is why I migrated to Sydney, Australia in 1984. Bangladeshi medical facility was not good enough that time. Australia was far different from what it is now... and very much different from what it was in Bangladesh. Dominated by Anglo Saxon people, it took 3 years until I first met an Indian woman who was selling Banana on the road between Sydney and Brisbane. From my commonsense as a Bangladeshi, I thought she is a poor woman, so I offered to buy all of her Bananas. Later, I realised that she had migrated few decades ago for banana plantation, owning the whole area of banana field.

The influence of Migrants surely has changed Australian dining scene in huge scale. Australian cuisine has thrived by various background migrants; mainly Italian, Greek, Chinese, Indian, and now even Korean. I remember I used to bring back curry spices from Bangladesh to escape from boring food in Australia. They used to offer only simple food like BBQ, potatoes, bread and butter; like its mother country, England. Migrants came with needs, ideas and know how; when the desire of Migrants' tongue met Australia's vast field and facilities, Australia became a major exporting source of "local" foods, like Banana, Mango, Lintel, and spices selling back to all over the world.

One big challenge for me as a young migrant was to explain and establish my identity as Bangladeshi. I would have said whatever sounds good and exotic from my culture whether it is literally correct or not. Eventually, I realised that for most of the foreigners, me myself is the Bangladesh. What I do explain more than what I explain. I started to bring the best of me as much as possible in my daily life.

Intention was always to return to Bangladesh, find a job and make myself useful in happy cause; but my destiny had other plan for me. Met my better half while studying in Sydney, and she was an international student, happened to be Japanese. Distance between Tokyo-Dhaka-Australia and dissimilarity of culture insignificant to us, we embrace common ideas and work on the difference

My life changed, I migrated to Japan now started “IIMON project, which promises me to return in Bangladesh in search for feeling good about myself. This undertaking is fully non-government and non-charity base; we want our Business strategy to be effective and nurture along with our socially conscious business goal in Bangladesh.

llMON is a small, home-grown, social, entrepreneurial aspiration which aims to make a social contribution through business, while encouraging social consciousness. "llMONO", "llMON" for short, is identifying itself as a brand that represents handmade fashion accessories from Bangladesh. Our products portray the Bangladeshi way of life, reflecting the folklore of our ancestors in the artwork. Examples are the lovingly hand stitched and hand loomed "Nokshi Khatha" and "Gumsa", which have their equivalents in the Japanese culture of "Sashiko" and "Tenugui", both still part of our daily life.

The story of "llMON" began in 2008, on a three months journey from Sydney to Dhaka, by land and sea, during a summer vacation from University. We were searching for ideas to be used in one of our assignments for MIB programme. It was a 27,400km journey through thirteen countries, later we crossed the Bangladesh border where we came across the "Nokshi Khatha" (blanket) which took me back to my childhood. I witnessed so many changes in Bangladesh and yet nothing had changed with the "Nokshi Khatha" and I felt a sense of purpose to do something to preserve it for future generations. This is where the seeds of our venture were sewn and I later travelled extensively throughout Bangladesh searching for ideas. My travels took me to villages where, in a typical house, three generations of women were stitching at the same time. They are expert in this field and I started to formulate the idea of utilizing these skills to create, for the international fashion scene.

An entrepreneurship story from Bangladesh has its share of hard knocks even in the local market let alone internationally. I suppose I was lucky to have a university business education, to have had start-up capital and to have been born in Bangladesh. We overcame the initial difficulties and, after much searching, began to employ female staff, learning the system. The money was going to the people who produces our fashion products rather than to a host of middlemen. We built a system with online ordering which allowed the end user to specify 'Nokshi stitching'. In the Dhaka factory we work to match world quality products and to process the delivery to end users in Japan.

I am a happy Migrant wherever I go; as my uncle said; “when you are in Rome, do what the Roman’s do”. Now that I am in Japan, learning the best what Japan has to offer first and also share what the best of me as Bangladeshi has to share with them. I am an ambassador to my country, wherever I Migrate and it is an exciting role.
2013年12月12日
バングラデシュのFactory の様子をビデオに撮ってもらいました。先日の外国人記者クラブ用に急きょ作成したのでナレーションなど何にもない上に一番最初のロゴが一文字かけてますが...ご覧ください。途中で出てくるドアに貼ってある紙は「お手洗い」と書いてあります。また、最後にはノクシカタの縫子さんの一人のおうちの様子と、なぜか彼女がシャア店長の母親を訪ねているところがチラっと出てきます。

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。


2013年11月24日

~Our purpose is to bring innovative hand stitched fashion ware that genuinely helps consumers feel good^

22nd November 2013, Tokyo: An Organisation as small as “IIMON” needs to become accustomed to overwhelming surrounding that can be sensed from being in an International gathering. Last night we were invited in Japan Foreign Correspondance club to represent The Bangladeshi entrepreneurs, a huge responsibility; IIMON is greatful to H.E. Mr. Masud Bin Momen, Ambassador of Bangladesh in Japan for his unhesitating trust. Among the Guest: Many Ambassadors and their spouse, many local and foreign journalists, JICA representative, JETRO members, many large NGOs and NPOs of Japan. Stage performances were called from Dhaka; which can be associated to stage play Musical. Fashion shows were arranged by Bengali living in Tokyo, Traditional food were also prepared by staff and wives of Bangladeshi Embassy personals. “IIMON” was in attendance to bring smile on most that touched or seen its potential, we also attended bureaucrats (not to mention names) who thinks more bureaucracy is needed before changes take place.

I felt changes are coming for good, which is good news for Bangladeshi entrepreneurs.
2013年11月05日
大使館より11月22日に開催されるBangladesh nightへブースを出してほしいとの依頼があり、先週は有楽町にある日本外国特派員クラブというところへお邪魔してきました。初めてお邪魔しましたがさすが外国特派員クラブということでスタッフの方もみなさん英語がペラペラ(?)で会員と思われる外国人の方もたくさんいらっしゃるので、なんとなく外国にいるような気分になりました。どんな会になるのかいまいちわかっていませんがいろいろなメディアの記者の方がいらっしゃるようです。記事にはならなくてもiimonという面白い会社があったな、と記憶の片隅に残ればいいな・・と思ってます
2013年10月10日
つたない日本語訳ですが、英語が苦手な方のために・・・
先日寄稿した、バングラデシュ大使館発行の冊子の記事です。【長文注意】

「刺繍で貧困からの切り離しを」
iimon (イイモン)はビジネスを通して社会貢献をしたい、という強い思いの元に起業されたバングラデシュ発の小さな企業です。バングラデシュの手作りの服飾製品を中心に、バングラデシュの生活や昔から伝わる伝統芸術を感じられるものづくりをしています。たとえば素晴らしい手刺繍のノクシカタや手織りのガムサは日本で言うところの刺し子や手ぬぐいのようなものでバングラデシュの生活に今も根付いています。iimonでは日本や西洋の女性向けにシルクを使った服飾品にノクシカタを施したもの、そしてストールとしても使えるようにした棉100%のガムサをオリジナルで作っています。

iimonの構想は大学の休みを使って2008年にシドニーからダッカまでを陸路と海路だけでたどった3ヶ月の旅から始まりました。International Businessの修士課程の課題のひとつとしてよいアイディアを探すために始まった27,400kmにも及ぶこの旅には国籍やバックグラウンドの違う6人の学生が参加していました。うち4名は途中で抜け、2名だけがダッカまでの全行程を踏破しました。2大陸13カ国を経験し、バングラデシュの国境近くの地域に差し掛かった我々が出会ったのがノクシカタでできたブランケットでした。このノクシカタは我々を冬の寒さから守ってくれたと同時に子供の頃の記憶を思い出させてくれたのです。考えてみると急激な変化が起こっているバングラデシュにおいてノクシカタはまだ何も変わらず残っている、これは次の世代のために何かしなくてはならないのではないかという責任のようなものを感じました。村の典型的な家庭では3世代の女性が同時に刺繍をしているところも見ました。彼女たちはその道のエクスパートです。彼女たちの技術を世界でも通用する今風のファッションに取り入れられないか、と考えるようになったのです。

バングラデシュでの起業は困難を極めました。それでもシドニー大学でビジネスについて学んだ経歴と少しの資金を持ち、バングラデシュで生まれた私はラッキーだったといえるかもしれません。当初のさまざまな困難を乗り越え、ようやく技術を持った女性たちを雇い入れるところまで漕ぎ付けました。バングラデシュに多いブローカーを最大限排除し、実際に作っている人へお金が行くようにするとともに、お客様がどのノクシカタ刺繍がいいか選べるようオンラインショップも整備しました。国際基準にあう品質の製品を作り、日本のお客様へ直接お届けできるようにすることで、iimonで働く人々は売り上げの公正な分け前が与えられるようになっています。 現在、18人のスタッフのうち14人が女性で役員は2名、そのほかにドライバーが1名の体制です。我々の製品の中で上等なもの、手のかかったものには作った人の名前が刻まれており、誰が作ったかわかるようにしています。
今年の7月には東京のバングラデシュ大使館の後押しにより東京ビッグサイトで開催されたInternational Fashion Faireにも出展し、個人のお客様だけでなくBtoBのビジネスもできるようになってきました。学生時代にオーストラリアからバングラデシュまでの旅路に同行し、現在は私の妻である順子は今でもひらめきの源であり、仕事のアイディアやプロモーションをサポートしてくれています。
2013年10月10日
Presenting “IIMON” of Bangladesh at Japanese audience, sponsored by Bangladesh Embassy at official publishing 2013.
----------------------------
“IIMONO”, “llMON” for short, is a small, home-grown, entrepreneurial aspiration which aims to make a social contribution through business. Our products portray the Bangladeshi way of life, reflecting the folklore of our ancestors in the artwork. Examples are the lovingly hand stitched and hand loomed "Nokshi Khatha" and "Gamsa", which have their equivalents in the Japanese culture of"Sashiko" and "Tenugui", both still part of our daily life. Our "Nokshi" work for Japanese and European women's fashion accessories is crafted from pure silk; "Gamsa" hand loomed pure cotton towels and identified in Japan as "Tenugui".

The story of "llMON" began in 2008, on a three month journey from Sydney to Dhaka, by land and sea, during a summer vacation from University. We were searching for ideas for our assignments, part of the International Entrepreneur subject of our MIB programme. It was a 27,400km journey with six students at the outset, from different countries and different walks of life. Four were to drop out along the way and only two of us continued the whole way to Dhaka. Thirteen countries and two continents later we crossed Bangladesh border into Jessore district where we came across the "Nokshi Khatha" (blanket) which kept us warm in the Winter reminding me of my childhood. So many changes took place in Bangladesh and yet nothing had changed with "Nokshi Khatha" and I felt a sense of purpose to do something to preserve it for future generations. My travels took me to villages where, in a typical house, three generations of women stitching at the same time. They are experts in this field and I started to formulate the idea of utilizing these skills to create contemporary fusion fashions for the international fashion scene.

An entrepreneurship story from Bangladesh has its share of hard knocks even in the local market let alone internationally. I suppose I was lucky to have business education in Sydney University, to have had some start-up capital and to have been born in Bangladesh. We overcame the initial difficulties and began to employ skilled women. More money goes to the people who produced our fashion products rather than to a host of middlemen. We built a system with online ordering which allowed the end user to specify “Nokshi stitching”. We work to match world quality products and to process the delivery to end users in Japan, as a result workers get a fair share from direct sales abroad. At present we have eighteen staff, fifteen of them female, one driver and two directors. All our exclusive products have the signature of the worker, therefore can be easily recognised. With the encouragement of the Embassy in Tokyo we participated at the International Fashion Fair on 17-19 July this year at Tokyo Big Sight, as a result potential Business communication has begun. My wife Mrs. Yoriko Shah who also travelled from Australia to Bangladesh while studying, is a constant source of inspiration for me and supports me with ideas and promotional work.
2013年09月28日
先週は在日バングラデシュ大使館が発行している冊子への寄稿を依頼されたので、せっせと原稿を書いて(さらに和訳して)おりました。iimonがどんな経緯でできたのか、我々がシドニーに住んでいたころにバングラデシュまで陸路と海路で旅行したことなど含めてシャア店長の熱い思いがてんこもり。文字数オーバーしちゃってる気がするので印刷されたものがどうなっているのかちょっとドキドキです。
2013年09月20日
うちの宣伝部長(1歳2ヶ月)がPCの上に乗って液晶を破壊してしまったのでしばらく更新できませんでした・・・(英語OS&英語キーボードが必要なのでいつも別途注文になっちゃうんです>_<) 

さて、ちょっと古い話ですが9月1日に高松のアートフェスへ行ってきました! 何年に一度か行われている瀬戸内国際芸術祭の中のひとつのイベントとして高松港で開催されていた「バングラデシュ・ファクトリー」 を訪ねてみるのが目的です。 1ヶ月にわたり、バングラデシュからさまざまな工芸品を作る人たちが来日してものづくりの様子を見せるというもの。  うちでも作っているノクシカタをはじめ、リキシャに書いてあるガリ・アートや日本のゴザに似た敷物を作っている人たちなど色々いました。 中には「本当に普段作っている職人さんなのかな??」と疑問になるような人も混ざっていましたが、夕方からは無料でリキシャに乗れるサービスがあったりして楽しかったです。 そしてボランティアでリキシャを漕いでるお兄さんたちには堪らずiimonガムサをプレゼント♪ だって、リキシャワラーなのにガムサを持っていないなんて! 
みんな喜んでましたよー☆
2013年08月09日
“Eid Mubarak” to all readers and beyond!
Very special appreciation to Rehana, Panna, Nargis, Momtaz and their teams, your taking the time out of your Eid holiday to continue hand stitch to complete the promises we made to our customers. Your cheerfulness and can-do attitude make you a pleasure to work with- every time I come to Bangladesh. Thank you for your effort to transform our work environment.
We have outdone to our fear of last month’s difficulties, I am proud to be part of this social Business team. Now, we even dare to make black pearl like “Nokshikhatha”.
Even though in small volume, our product will soon be in New York and Tokyo‘s reputable fashion outlet.
In this Joyful Eid occasion, I also like to thank all staff’s husband- those who are married and parents those how are not- married to allow your wife’s and daughter to work with us in IIMON to make beautiful garments and in the process make a better future for themselves.
I am looking forward to work and make many wonderful stories of all of us.

Yoriko and Shah.

<日本語にて少々補足します> バングラデシュでは長いラマダンが終わり、イードのお祭りシーズンになりました。この時期はほとんどの会社が1週間程度休みになり、さらにボーナスもでるのでまさにお正月とお盆が一緒に来るような感覚でしょうか。 iimonでも休暇はもちろんのことボーナスと家族へのプレゼントを用意しました。 そんな中、納期が迫っている注文のためになんと6名ものスタッフがイードの期間中も、しかも残業までして仕事をやり遂げると申し出てくれました。

「責任感」という言葉とはかけ離れた仕事ぶりの人も多いバングラデシュにおいて、私たちのスタッフがここまで仕事にやりがいと誇りを感じてくれていることに経営者としてこみ上げるような喜びを感じるとともに、「仕事が楽しくて仕方ない」とまで言ってくれる彼女たちに応えられる仕事と環境を用意しなくては、と痛切に感じています。 近々、そんな彼女たちが作った特別なノクシカタもオンラインショップにUpします。ご期待ください。

2013年08月06日
おまけでお知らせ。料理大好きなシャアが作ったチキンカレー用スパイスミックス→ http://www.iimon.net/product/226 もUpしたので見てみてくださいね。 これ一瓶で4人前の本格的なチキンカレーが作れますよー。
2013年08月06日
あまりにローカルなので告知しませんでしたが、この週末に会社から徒歩5秒!という場所で臨時のショップを開店しました。 ショップの紹介も兼ねて、地元のお祭りをやっている広場のすぐ近くでの店開きです。暑い中 たくさんのご近所さんに来ていただきました。中には小学校以来会ってなかった友人も! このお祭りには(個人的に)ここ数年参加していたのでシャア店長の顔を知っている人は多かったはずですが何をやっているのか、というのも知っていただくよい機会になったかなと思っています。
2013年07月29日
オンラインショップでのガムサ(赤)の商品登録がまだだったのに気づいて急いで載せました→ http://www.iimon.net/product-list/31 イケメンリキシャワラさんの写真にもご注目ください♪。 あと、これはまだどこにも使えていないのですが実はこんなシブメンにもモデルになってもらいました・・↓↓ あなたはイケメン、シブメンどっち派ですか??
2013年07月28日
昨日はふなばし市民祭りへ出店しました。 お祭りに出すにはちょっと価格帯が高い商品が多いかな~と心配していましたがガムサを中心にたくさんの方にお買い上げいただきました。 特にガムサは当日にもかかわらずリピーター?になってくださった方が2名もいて感激しました。 津田沼に続き、船橋でのガムサ所有者率が確実に上昇中です! 
2013年07月22日
3日間に及んだIFFの出展、無事終わりました。。 来場者数25,000人を謳っている割に? な人の出でしたが貴重な経験になりました。工場をもつ会社の集まるアジアゾーンにあったこともあって、ガムサをオリジナルブランドで作りたい、というオファーもあり。ガムサが世に広まるきっかけにはなった気がします!
2013年07月09日
ガムサができるまで。たくさんの工程と手仕事を経て一枚のガムサが出来上がります。
iimonではガムサの良さをたくさんの人に知っていただくため、ギリギリの価格で販売しています。写真では伝えきれませんが、使うほどに好きになる、不思議なガムサの魅力を感じてみてください! 

https://www.facebook.com/iimon.net/photos/a.479606852125465.1073741830.463598193726331/479612715458212/?type=1
2013年02月03日
With great deal of difficulties, we managed to get visa to bring our Bangladesh stiching staff to visit japan. However, we could not come to Osaka on time to have a pavilion to promote Nokshi-katha from Bangladesh. So we had to show and introduce them around so many of NGO working in Japan and so many friendly and kind people in Japan. They are happy to see that Japanese people are interested in to see the beautiful hand-made things from India and Bangladesh. They are looking forward to go back and make beautiful stoles. They also liked the many foods in the exhibition. They want to go to Mt. Fuji and Universal Studio Japan, Kyoto palace, and of course Tokyo Disney Land during their 2 weeks stay in Japan.
2012年08月10日
When I talk about business; the moment seizes me someplace familiar recalls poignant memories and I talk and talk. Otherwise I am reasonably shy and quite individual. Trade adventure is my passion entrepreneur endeavor dealing venture is what I like to do for living. Love running, swimming and Dancing etc as sports, mostly because- can't follow friends appointment for group sports.

Adventure around the worlds geography and experience its inhabitant mostly requires time and money, these doesn't offer to an employee normally. Unless you are rich, won a lottery or turned to a successful entrepreneurial pursuits and free lance positions.

I was born in Comilla, raised in Sydney and Married to love of my life in Bangladesh recently.

We just had our first Baby Boy in Tokyo named Yuki Yasin Shah, and decided to live in Tokyo Japan.
So, this is going to be our venture;
Yuki Yasin Shah
Yoriko Shah
Mohiuddin Shah

My recent Graduation in Master of International Business from Sydney University, which didn't sale well with Japanese Company for not having adequet Japanese language skills. Subjects such as International entrepreneur, Marketing, Business strategy, HRM, Logistic etc all will be wasted, if I accept just any job for living.

I have no hard feeling to Japanese way of living but persistent to my dream, I want my work to be a movement. Moving from Australia to Japan to Bangladesh is not what's last to what's next in progress.

Search for "people how has nothing but have potential to accomplish," such individuals, must be trained, motivated, invested to become self-sufficient so that they can live a better life. Searching how can they be benefit from entrepreneurial way of approaching things, things they produce locally, but this time in Japanese standard, which people like you could buy and use, in due process you will be accomplishing what you always wanted. Help people, where they really need help, help that changes there life.

I am a family man and entrepreneur for living; I desire to use my education and experience where it is needed the most and choose my work place where I am needed.

IIMON wasn't started to become a corporation / Kabushigaisha. It was a cause. It was an idea – to connect with Bangladesh and its people. I had a similar idea 20 years ago in Sydney Australia when I started D2D Service as a way to communicate among Bangladeshi living away from Bangladesh. My father in Bangladesh and I am in Australia kicked off the project [just for fun] and has repeatedly started that this motivation behind developing people in under "Developing Country" with ideas and knowledge from abroad.

The goal of my operation is to
1. search local product, which has potentials internationally
2. design it (if necessary), improve the quality to customers expectation.
3. Finish the product with quality inspection and move product from maker to customer. Personally I will see to this path called Supply Chain.